お金

口座を作りたい

チャート

口座を作る流れは

FXをしたい場合には口座を作らなければなりませんが、口座開設をする前に業者選びが重要です。FXを扱っている業者としては、金融先物取引業者と証券会社、ネット銀行などが国内では知られます。また国内業者の他に海外業者も選択肢に入ります。FX業者を選ぶ基準としては、実質的な手数料とも言えるスプレッドの狭さです。スプレッドは実際に取引できるレートに対して上乗せされる金額のことでこれが実質的な手数料となっています。ただ国内の大手業者でメジャー通貨であればスプレッドに大きな違いはありませんから、大手を選ぶのであれば気にするほどのものではありません。マイナー通貨になるとスプレッドの差が大きく出てきます。また国内業者であれば直ぐに入金できるシステムが導入されているかもポイントです。一方で海外業者の場合には第一には信頼できる業者を探し出すことです。海外業者は国内業者と異なり保護の対象とはなっていないので自己責任で行う必要があります。FXの口座開設の流れとしては、国内も海外も似たようなものです。口座開設に必ず必要なのは身分証明証です。また国内業者であれば口座開設にはマイナンバーや定住している住所も必要です。住所へはログインするためのIDとパスワードが郵送で送られてきます。この郵送で住所に居住していることがチェックされます。一方で海外FXでの口座開設ではマイナンバーは不要ですが、定住している場所を示すものとして公共料金の領収書などが必要です。いずれも口座開設そのものは簡単に行え、1週間も掛かりません。口座開設されれば口座に入金するとすぐに取引を開始することができます。